こりんの主張・日常

会社を辞めることは逃げ?いやいや、勇気ある人しかできっこないよ。

こんにちは!大手企業ぽんこつ社員のmaru(@marunomad)です。

わたしはこの秋、「一生この会社で働くのかなぁ」とぼんやり考えて働いていた日々からついに抜け出します!

ついに退職!ヤッター!!!

 

10年働いてようやく決断できたのですが

この決断を出すのに必要だった事は

すこしの勇気

だけでした。

会社を退職するのに必要な事はすこしの勇気?

会社を辞めたいと愚痴っているのに辞められない人の典型的な言い訳は

辞めたいけどやりたい事が無い

辞めたら生活ができなくなるからとりあえず今の仕事してる

「辞めたいけどせっかく就職したから○年は働きたい」

そんな理由が多いのではないでしょうか。

 

「でも」「だって」

その言葉は会社を辞めた後にうまく生活できる自信ががないから出てくる言葉です。

こんなこと言ってたらいつまでたっても辞められない!!!!

私たち人間は深層心理では新しい知らない環境よりも、慣れた環境を好みます。

 

かくいう私もそのうちの一人で、

私が10年もの間「会社辞めます」を言えなかったのは

ただ環境を変える勇気がなかったから。

だということにようやく最近気づきました。

 

慣れた環境

慣れた人間関係

10年培ってきて作り上げた環境って、これほど心地いいものはないと思います。

理由はなんであれ、会社を辞めたいと決心した人はこの慣れた環境を打破しないと次のステージに進めないわけです。

会社を良くしていこうと動いている上司や同志に、「会社辞めます」を伝えることはすごく勇気がいること。

会社を辞める時にはそれぞれの理由があると思いますが

「会社を辞めたいです」と、一緒に過ごしてきた上司や同僚に言いにくい部分もありますよね。

それは「みんなと一緒に頑張ってきたのに」という感情が出てくるからです。

私はこの仲間意識があることから、なかなか退職まで運ぶ事ができませんでした。(気づいたら10年も経ってしまった)

ここで必要なのがすこしの勇気!

せっかく「退職して新しい環境に挑戦するぞ!」という思いも、すこしの勇気がなければ、自分を誤魔化し続けていまの会社で働き続けるしかありません。

私自身が自分の気持ちを伝えることが苦手なタイプの為、この気持ちは痛いほどわかります。

でも、この一言をようやく伝えることができたため「旦那と休みを合わせることのできる」生活を手に入れることができるような運びとなりました。

会社を辞める決意ができているなら、会社やめてもいいんだよ!

わたしの会社員期間の10年間は無駄ではなかったけれど、早くに言っていれば人生はどう変わっていただろうと思っています。

会社を辞めることは会社的には人材が不足してしまうためネガティヴイメージに捉えられやすいですが、本人的には大きなプラスの一歩になると考えています。

ぐだぐだ会社を辞めれずにいた過去の私。

ようやく一歩踏み出すことができました。

 

「会社辞めます!」を言える人は今ある環境を変えていく勇気がある人です。

今の環境を変えたい!という方は会社を辞めること、環境を変えることを恐れずに前に踏み出そう!

 

何か退職に関してのご質問などがあればmaruあてにTwitterお問い合わせまでメッセージください。

\ Twitterで記事更新のお知らせもしているよ /

@marunomad