こりんの主張・日常

勤続年数10年、30歳になる前に大企業と呼ばれる会社を辞めようとおもう

 

私は今、某大手携帯会社に勤めている平社員だ。

派遣会社から勤め始めて、契約社員、社員とステップアップし、私は有名大企業の一社員となった。

 

聞こえはいいが、中身は無い。

わたしは自分の心に向き合わず「とりあえず」の選択を繰り返していた。

 

とりあえず、働ける場所

とりあえず、契約更新がきたから契約社員に

とりあえず、社員試験を受けてみる

 

ただ環境や運に恵まれただけでそこに熱い想いはなく

この10年、大企業社員という肩書きは手に入れたものの

中身は”空っぽ”だ。

私よりも社員になって頑張りたい人なんてたくさんいる。

 

私が勤めている会社は、有名ホテルの宴会場を借りて大規模な会議が定期的にある。

会議中、高い天井からぶら下がっている鱗のような美しいシャンデリアをみながら、ふと思ったのだ

「あぁ、自分が求めてない、とんでもないところに来ちゃった」

不思議なことにこの感情を鮮明に覚えているのは、それが自分の本心だったからだろうと今になって気づく。

 

その後「とりあえず」の選択をし続けたわたしに

社員になってから迷いが生じた。

 

大企業の社員になって何がえらいんだ?

会社で自分は何をしたいんだ?

これから何を目指していきたいんだ?

 

いや、まて。なにも答えがない。

 

「とりあえず」の選択を繰り返していたわたしは

また、「とりあえず」この事を心に閉まっておいたのだった。

人はなかなか変わる事ができない。

 

「大企業に就職した」

そのレッテルがわたしの本心に蓋をしていたのだ。

 

しかし、きっかけがあった。

住み慣れていない土地(彼の故郷)への引っ越しをし、旦那が転職し休日が合わなくなったこと

 

自分を取り巻く環境が大きく変わり

わたしはこの機会に自分の心と向き合い、棚卸をおこなった。

「何のために彼と住み慣れない土地へやってきたか」

恩をきせるわけでは無いが、彼のためだった。

しかし実際は、彼と休日が合わず時間が取れないのだ。

本末転倒である。

 

「とりあえず」を繰り返していたわたしの選択に、この事が気づきを与えてくれた。

本当は私もどこかで「このままじゃ良くない」と気づいていたのだと思う。

 

いつか読んだ本にも書いてあった。

「自分の心の声に素直に生きるとみるみる幸せになる」

感銘を受けた本だったが

当時、半信半疑の気持ちがあったんじゃないだろうか。

しかし、あの本を読んでから数年経って、ようやくいまその言葉を実現させようとしている。

 

これからは自分の心の声に素直に生きてみようと思う。

 

あぁ、思えば、この答えを出すまでかなりの時間を要したけれど

 

私は会社を辞める事を決意した。

 

ついに私は10年のキャリアから離れるのだ。

ついに大企業の社員というちっぽけなレッテルを手放すのだ。

 

ぶっちゃけ今後の予定も未定だ。

有給消化中にでも考えようと思う。

 

それでも今後は、自分の心に素直に生きていこうと思う。

「とりあえず」はもう辞めることにした。

\ Twitterで記事更新のお知らせもしているよ /

@marunomad