こりんの主張・日常

【一度読んだら忘れない】読書術3選

こんにちは!こりんです。

みなさん本を読んでいますか?

私は読書が大好きです^^

でもこんな声も聞きます。

  • 一回読んだ本の内容を忘れてしまう
  • たくさん本読むのはどうしたら読めるのか

そんなあなたに

一度読んだら忘れない読書法3選をお伝えいたします♪

本を読むとき3段階のポイントを抑えよう!

本を読むときは3つのポイントを抑えます。

  • 本を読む前
  • 本を読む間
  • 本を読んだ後

この方法は

紙の本でもスマホで読んでも同じ効果が得られます。

①本を読む前 目的を決める

人は自分に意味があるものや

興味のある情報しか

頭に記憶されないようになっています。

 

人間の頭は無意識のうちに

エネルギーを節約しようとしていて、

 

事前に興味のあることでないと

頭に残らないで消してしまうのです。

 

こりん
こりん
じゃないと脳がパンクしちゃうからねっ

 

脳に興味を持たせることが大切です。

本を読むときに効果的な方法としては

目次をみて、その項目には

何が書いてあるのか予測してみましょう。

 

これって何だろう?ここには何が書いてあるんだろう?

 

このように考えながら読み進め、

期待と裏腹な意外なことがあると

サプライズになって

人は記憶に残りやすくなります。

目次で予測を立ててみよう!

予想を裏切られる意外性で記憶に残りやすくなる!

②読んでる間 本の内容を要約する

人の脳はへーって思ったことでも、

他人の話だと頭に残りにくくなっています。

 

自分が体験したことは

覚えやすい傾向にありますが、

読んだもの聞いたもの

他人から得た情報は忘れてしまいやすいのです。

 

そこで頭にしっかり記憶を定着させるために

本の内容を要約し自分の感情を添えてみましょう。

 

本を読みながら

スマホやメモ帳を片手に

面白かった情報+感情をかく

ことで記憶に残しやすくします。

 

感情は理解しないとかけないため

ここで本の内容の記憶がさらに高まります。

スマホやメモ帳に面白かった情報+感情をかいてみよう!

より理解力が深まり記憶に残りやすくなる!

③読み終わった後 人に伝える

自分が書いたメモをみて、

何を書いたか思い出してみましょう。

人は思い出そうとしているときに記憶に残るものです。

 

人に教える気持ちで

本を読みましょうとよく言いますが、

人に教える際に伝えたいことを思い出し記憶に残るため

この方法は記憶に残すためにもとても効果的です。

 

例えば、

メモをみながら友達にオススメする

レビューやブログに書いてみる

といったようなことも効果的です。

 

本に書いてあることが何だったか

なかなか思い出せなくても、

少なくとも5分は思い出すのに時間かけてもいいです^^

思い出したときに記憶されます。

人に教えるつもりで本を読んでみよう!

思い出しながら人に伝えていくことで記憶が定着!

本を一度で記憶する方法のまとめ

①目次で予測を立ててみよう!

②スマホやメモ帳に面白かった情報+感情をかいてみよう!

③人に教えるつもりで本を読んでみよう!

本は知識の宝の山。

たくさんの本をこの方法を使って、

どんどんあなたの知識に変えていってくださいね^^

こりん
こりん
以上、一度読んだ本を忘れない読書術でした♪

\ こりんのLINE@はこちらから /

LINE@ ⇨ https://bit.ly/2F8MGpd

ぽんこつスタートでも結果は出せる!
個人で稼ぐ考え方や事業の進め方をお伝えしています★

将来事業を立ち上げたい
個人で稼いでいきたい
自分を変えたい
大きく稼いでみたい

どれかに当てはまる方は『起業』とLINE@にご連絡ください♪

友だち追加