こりんの主張・日常

今日は「人生一度きり」について語ろうとおもう

 

皆さんにとって

人生ってどういうものですか?

 

今までどんな人生を送ってきて

これからどんな人生を

送っていきたいですか?

 

きっとその答えは

人によって違うと思います。

 

いきなりなんでこんな事を

言い始めたのかというと、

 

わたしが生き方に悩んでいるとき

「人生一度きりだからね」という言葉を

かけてもらったことがキッカケで、

 

人生の方向性を

大きく変えることができたからです。

 

たった一度の

私だけの

あなただけの

人生。

 

忙しい毎日を送っていたりすると

その「忙」という漢字の通り

心を亡くしてしまいます。

 

たまには立ち止まって

自分の心と向き合おうと

おもったからです。

 

そしてあなたにも、

ほんの少しだけ

一緒に立ち止まって

あなた自身の心と

向き合ってほしいのです。

 

ここからは少し重たい話になりますが

まずわたしの「人生一度きり」を

お話する大前提として、

自分語りをさせてください。

 

正直重い内容ですし、

友人にも話さないような内容なので

記事に書くかも悩みました。

 

誰かのためになるかはわからないけれど、

誰かのためになったらと思って

暗い過去も書こうと決めました。

こりんの過去の話

 

わたしは一般的な家庭に比べると

酷な家庭環境で育ちました。

 

わたしが生まれて半年で

父が家を出たため

30歳の今になっても

父とは一度も顔を合わせた事はありません。

 

そしてさらに

兄と姉を精神病で亡くしています。

 

わたしはこの事が

コンプレックスというか

トラウマというか

触れられたくないところというか

自分のなかで一番弱い部分でした。

 

「お父さん」という存在がなかったことは

物心つくまえから。

 

学校での四者面談のときに

ちょっとさみしいなぁと感じたり、

お父さんってどんな感じなんだろう?と

思うぐらいでした。

 

でも

さすがに兄、姉を精神病で亡くしたときは

かなり堪えました。

 

 

精神病で亡くすとは

自分で命を絶つということです。

 

 

この頃から気づけば

わたしは心から笑えなくなりました。

 

常に忙しくして、

その方が気を紛らわせることができると

心を亡くす

まさにその文字通りでした。

 

兄を亡くしてから3年ほど経ったとき、

ようやくわたしは向かい合う勇気がでました。

 

そこから、わたしは心理学を学びました。

 

強い心を持てるようになりたいと

思ったんです。

 

残された私まで心が弱かったら

お母さんのことを支えられないから

そういうふうになるしかなかったんです。

 

難しい事はわからないけれど

心の病気って

自分自身との戦いだと思ったんです。

つよい心を持ちたい一心で勉強をしました。

 

でもまだまだ

心から笑う事はできませんでした。

笑ってたけど、

心からは笑えなかったんです。

 

姉は結婚していたけれど

常に幸せではなさそうでした。

 

歳が13つ離れていて

一緒に住んでいる期間も短かったので

姉というよりも

親戚のお姉ちゃんみたいな距離感でした。

 

わたしから見た姉は

いつも「愛」に飢えていました。

結婚していても「愛」を感じていないと。

肉親からも「愛」を感じていないと。

常々聞いていました。

 

兄の事があったので

時間が合えば

出来るだけそばにいたつもりでした。

 

でも、力が及びませんでした。

 

ふたりはこの世を

去ってしまいました。

 

なんでこんな話をしたかというと

わたしは二人の人生は

一体どうだったんだろう

とずっと考えてたんです。

 

幸せだったかな

幸せになる方法はもっと何かなかったかな

って、

すんごく考えた。

 

でも

考えても考えても

 

ふたりの人生が幸せだったか、

幸せにしたかったかなんて

本人次第で

やっぱり答えは出なかった。

 

たった一度きりの人生。

 

生き方を選ぶのは自分自身。

 

生き方を選べるのが人生。

 

じゃあ、わたしの人生は?

 

この話がわたしの弱い部分とは言いましたが

そこに劣等感を

感じているわけではありません。

 

きっとこの出来事で

一番心に傷を負ったのは母です。

 

母の笑顔は

私が守る。

明るくしたい。

悲しい出来事をこれ以上増やしたくない。

わたしがこの負のサイクルを止めて

いいサイクルを生み出していくんだ!!!

という気持ちでここまできました。

これからもそれは続きます。

 

いいサイクルというのは漠然としていますが

家族が円満であることが

兄、姉も一番喜んでくれるとおもっています。

きっとそれが二人が一番

求めていたものだと思うからです。

 

わたしの中では

愛溢れる家族円満が第一。

そして後悔しない人生を送ること。

 

人生の話に戻します。

 

わたしは学生の頃から

相田みつをさんの詩が

好きなのですが、

「一生感動一生青春」

という言葉があるように

いろんな体験や経験をして

生きていきたい。

 

いろんな人と関わって生きていきたい

いろんな作品や一流品、ホンモノに触れたい

いろんな文化を見たい

いろんな景色を見たい

たった一度きりの人生の欲は尽きません。

 

なんだか壮大な話に

なってきちゃったんですが、

わたしの「一度きりの人生」は

そんな生き方をしたいと思っています。

 

上からなんだかすいません。

 

みなさんはどうですか?

人生一度きり

どんな人生を送ってきて

どんな人生を送って

生きたいでしょうか?

 

この記事であなた自身が

もう一度ご自身と

向き合うきっかけになったら

嬉しいです。

 

ではでは!

事業開始初月から月収20万超え!!
スキルも知識もないダメダメぽんこつ会社員だった
こりんの働き方革命★

起業家コミュニティ【TRUST】講師
\ こりんのLINE@はこちらから /

LINE@ ⇨ https://bit.ly/2F8MGpd

ぽんこつスタートでもビジネス参入で結果出せます!
個人で稼ぐ考え方や事業の進め方をお伝えしています★

【LINE@新規会員様プレゼント🎁】

将来起業したい!✨
個人で稼いでいきたい!✨
自分を変えたい!✨
大きく稼いでみたい!✨

どれかに当てはまる方は『起業』とLINE@にご連絡ください♪

今だけ一度の無料電話コンサルティングをいたします🤗

友だち追加

\ Twitterで記事更新のお知らせもしているよ /

@marunomad